看護師服薬管理

看護師が行うべき服薬管理に関して知りましょう!

服薬をするということは、病状をまだ受け入れられていない患者様や認知面の低下した患者様にとって非常に苦痛な事です。

毎日朝昼晩と服薬するというのは、精神的にもつらいときがあるのです。
看護師が服薬をきちんと行ったか管理する際に拒否される事も多くあります。ではこういった際にどういった対応をするのが適切なのでしょうか。

食事に混ぜての服薬はやめましょう!

食事というのは、患者様にとって病院で行える一つの欲を満たす楽しみでもあります。
服薬を拒否されるからといって食事に薬を混ぜて飲むというのは、食感が変わったり味が変化してしまいますし、強要に近い形になりがちです。
大切な薬だと看護師として理解しているのは分かりますが、患者様の食事の楽しみや、信頼関係を壊してまで服薬を迫るのは良くないでしょう。
患者様と上手く服薬に関しての重要性を理解しあい、信頼関係の構築が服薬をスムーズに行ってくれる第一歩になる事を忘れてはいけません。

服薬時の患者様とのコミュニケーション

まず看護師として服薬をしやすい状態にしたり工夫をしている事を患者様に理解してもらうといいでしょう。
一方的に薬を飲むことを進めているだけでなく、患者様の事を考えている事を理解してもらうと、信頼関係が築けるかもしれません。
認知面の低下している患者様こそ、毎回の説明が面倒かもしれませんが、丁寧に説明していくと理解が深まる事もありますよ。

 

看護師として好条件の職場でスキルアップを図るならコチラ!